2009年11月06日

偏平足を靴の中敷で治す

偏平足足 治し方  偏平足

扁平足(へんぺいそく)とは、土踏まずが無い足のことである。

その偏平足が現代の日本人には多く見られるようになったのが最近の日本皮革産業連合会の調べで明らかになった。

本来正常の足は土踏まずなど縦と横のアーチを描いているが、これが低くなってしまった人が増えている。要するに足のアーチが崩れているそうです。

足のアーチが崩れるのには現代人が昔の人に比べてあまり歩かなくなったことや、日本人の足が変化しているのにそれに靴メーカーが対応しきれていないというのが現状だそうです。

こういった偏平足も靴の中敷を補正用のものを使用すると元通りにアーチを高くして、正常の足に戻すことが可能だそうです。

外反母趾や巻き爪など、足の悩みを抱えている人は年々多くなっているということです。日本ではそれに対応するだけのレベルがまだありません。自分で靴の選び方や中敷の選び方など勉強しなければいけないことになりそうです。




posted by かなたくん at 02:12| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

避妊に失敗したときは中用量ピルで緊急避妊を

緊急避妊

私も実際あるのですが、セックスの際に
コンドームが破けてしまったとか、何かしらの理由で膣内射精を
してしまった時

ピルの服用で妊娠の確立を下げることができるのを知っていますか?。


ピルは一般的にセックスをする前に飲んで避妊をするという認識がありますが
セックス後に飲むことによって妊娠の確立を下げることができます。
これを『緊急避妊』と呼びます。


緊急避妊は中用量ピルと呼ばれるものをセックスの後72時間(3日)以内に1回
その12時間以内に1回2錠づつ服用する。
こうすることによって妊娠する確立を
本来の4分の1まで減らすことができます。


現在、10代の中絶は2007年度で2万4000件
年々ピルの服用で少なくなってはきているそうです。

ただし、日ごろからの低用量ピルの服用と共に
緊急避妊の方法も知っておいたほうが無難ですのでピルの使用方法を勉強して正しいセックス、正しい避妊をするように心がけるといいでしょう。

posted by かなたくん at 01:48| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

新型インフルエウンザ対策方法

新型インフルエンザ対策

厚生労働省と大阪府などは17日、新たに大阪府内や兵庫県の高校生ら34人が新型の豚インフルエンザに感染していることを確認した、と発表した。


教員や大学生ら4人を除くとすべて高校生。兵庫県では神戸市以外でも7人の感染が確認され、国内の患者は、空港の検疫で見つかった4人を含めて計46人になった。


新型インフルエンザの対策として予防接種などはされてはいない。
対策としては外出時にマスクの着用、帰宅時や食事の前に手洗い、
うがいを徹底することがインフルエンザの予防に適している。


新型インフルエンザは鳥インフルエンザに比べ毒性の弱いものだが
小さい子供を持つ親御さんの気持ちになれば心配なのはよくわかる。


とにかく、今できることはマスクの着用と手洗いとうがいでしょう。
あと必要以外は外出をさけることでしょう。




posted by かなたくん at 23:13| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

インフルエンザAソ連型:タミフル効かず、リレンザの投与検討中!

いま、ちまたに騒がれている新型インフルエンザとは別の話ですが、
Aソ連型というインフルエンザウィルスが流行っています。


Aソ連型は今までに日本に上陸していなかったインフルエンザウイルスで
みんな耐性を持っていないため、今年はまたは来年はかなり流行るだろうと予想されています。


ここで問題なのが、Aソ連型には97%の確立でタミフルが効かないそうです。
今年は全体の30%程度のインフルエンザ患者が
Aソ連型に感染したそうですが、その97%はタミフルが
効かなかったという検査報告が届いています。


そこで、新薬として『リレンザ』という薬の検討考えているそうです。

『リレンザ』はA型およびB型インフルエンザウイルスに
有効なドライパウダーを吸入する抗ウイルス剤です。

36時間以内に1日10mgを2回5日吸入する治療方法用と
1日1回10日吸入する予防方法用のやり方があります。

ちなみに『リレンザ』に効くインフルエンザウイルスは
A型とB型のみでC型には効果がないそうです。

新型インフルエンザが流行る前に新たな
インフルエンザウイルスが日本にやってきました。




posted by かなたくん at 23:08| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

レーシック手術のデメリット

レーシックとは角膜屈折矯正手術の一種で、
目の表面の角膜にエキシマレーザーを
照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。


レーシック手術は十数分で終わり、
しばらく安静にし、眼科医がチェックして
問題がなければ帰宅となります。
その日からふつうの生活が可能で、
目に水が入らないように注意すれば入浴も問題ありません。


ですが、あまり知られていませんが、
レーシックにもデメリットがあります。


レーシックは芸能人などが受けて、お金をだせば
誰でもできるようなイメージがありますが、
まず、近視が安定しない20代未満の方は受けれないことが多いようです。

さらに、近視の度合いが強い人、
糖尿病やアトピー性疾患がある場合や、
網膜剥離(もうまくはくり)など眼底に病気がある場合には
手術を受けられないときがあります。


一生を左右してしまうかもしれない、手術ですので、
周りの知り合いがうまく言ったからといって
ノリでレーシックの手術をするのはよしましょう。


事前にレーシックの知識を十分に調べ
納得した上でレーシックの手術を受けることをオススメします。
posted by かなたくん at 02:26| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

リアップ『ファイブ』:髪の活性化と育毛市場の活性化

発毛剤の『リアップ』が発売されたのは今から9年前の1999年。
初年度で297億円の売り上げを記録する大ヒット商品だったのを覚えています。

その後類似品も出回り、売り上げが落ち込んでいました。

初代『リアップ』は、有効成分ミノキシジルが1%ということでした。
その後海外では2%や5%の有効成分ミノキシジルが配合されている発毛剤が発売され、海外旅行に行く方の隠れ人気商品だったそうです。


そして今回、リアップ『ファイブ』の発売で、日本でも有効成分ミノキシジル5%配合の発毛剤が購入できるようになります。


そこで、リアップ『ファイブ』がいつ発売されるかだが、

現在、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会は、
リアップ『ファイブ』の申請を2008年9月に了承。
2008年度中に承認されれば、販売開始は2009年の夏になるとのこと。

リアップ『ファイブ』は常に効果が高い薬を求めている
発毛・育毛ユーザーの間で再びブームになることは間違いないでしょう。

ちなみに『リアップファイブ』の販売は、薬剤師のいるドラッグストアーでしか販売できないようです。


リアップファイブの発売で、髪の活性化と育毛・発毛市場の活性化が見込まれるでしょう。
posted by かなたくん at 03:09| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレベリンG:新型インフルエンザ対策に空気中のウイルスの殺菌

今年はのど、せきにくる風邪が大流行しているみたいです。

というか、私はその風邪で1週間ぐらいやられていました。

私の周りでも同じ症状の風邪が流行っていて、流行の風邪はひろがりが
早いなぁっと思いました。

そういえば、新型インフルエンザはどうなったんですかね?

これが流行れば、何十万人の死人がでると言われています。

いまのところ、有効といわれているワクチンはあることにはあるらしいですが、
職業によって新型インフルエンザのワクチンが打てる順番が決まると、この前新聞で読みました。

やっぱり自分の身は自分で守らないとということで、新型インフルエンザ対策をちょっと調べてみました。

新型インフルエンザ対策グッズありますね。

マスクやら殺菌スプレーやら、

その中でも置いておくだけで、部屋の空気を殺菌してくれる優れものを発見。

それが『クレベリンG』

『クレベリンG』は二酸化塩素で空気中のウイルスを殺菌してくれる。

『クレベリンG』は大幸薬品より販売されています。


皆さんも前もって新型インフルエンザ対策を考えたほうが良いかも?

posted by かなたくん at 02:50| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ミルマグ内服液・便秘に効く飲み物

ミルマグ内服液

便秘になった人はわかると思いますが便秘は本当につらいです。

出すものをだせないくるしみで気を失いそうになることもあります。

私は子供のころ便秘のそんな状態におちいって、近くの病院で浣腸を

しかも特大の浣腸を打ってもらった記憶があります。


便秘には2種類の便秘があるって知ってます?

便秘といっても腸が緩んでしまったし緩性と、

逆にストレスなどによって腸が縮んでしまったけいれん(ストレス)性の便秘があるそうです。

ほとんどの人はこの違いを知らずに、時には間違った便秘薬を選んでしまっています。

とくにストレス性便秘に刺激性便秘薬を与えることは
さらに腸をけいれんさせ、お腹を痛くさせるだけですから
禁忌とされています。

ミルマグ内服液はそんな便秘の症状を改善してくれる強い見方です。

3歳以上の子供からも飲めるのがうれしいです。

posted by かなたくん at 14:30| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

外反母趾の治し方ってあるの?

外反母趾の治し方ってあるのでしょうか?

私自身は外反母趾ではないのですが、まわりにいる人は結構外反母趾に
なっている人が多いです。

外反母趾になっているというか、生まれつき外反母趾だったと言う人もいます。

外反母趾を治すために、ゆるい靴を履いている人がいますがあれは
良くないみたいです。

結局、脚の甲の関節を緩めてさらに外反母趾をひどくしてしまうという
現象がおきるそうです。

外反母趾の治し方を本気で学びたい方は外反母趾の専門医や
外反母趾の靴を扱ってる(オーダーメイドを受けてる)靴屋さんに
相談してみるのもいいそうですよ。

外反母趾を治す方法や自分でできる治療方法を知っている方は

ぜひ教えてください。コメント待ってます。

posted by かなたくん at 00:17| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臍帯血(さい帯血)保存バンクとは

赤ちゃんを出産する際に赤ちゃんとお母さんをつないでいるものを

臍帯血(さい帯血)と呼ぶのですが、この臍帯血(さい帯血)が今、

医療に確実に貢献しているそうです。

白血病の治療には骨髄移植が当たり前に行われていた治療ですが、

現在この臍帯血をしようした治療が主になってきていて、副作用も

少なくなって、骨髄移植より危険性がなくなってきているそうです。

さらに骨髄移植だと、骨髄液を取るまでの作業が大変で、

提供者が辞退してしまうのもめずらしくないそうです。

しかし、臍帯血(さい帯血)の場合は出産時にな痛みもなく

母子ともに危険性もなく採取できるのが利点です。

しかし、現在臍帯血(さい帯血)バンクとよばれる、臍帯血(さい帯血)を

採取する機関や病院が少ないのが現状で、実際希望してもなかなか

現実にならないそうです。
posted by かなたくん at 00:09| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

ペットメディカルサポートのペット保険

ペットに保険なんてって思う方いらっしゃるとお思いですが、
ペット保険て結構あるんですよね。

ペットメディカルサポートのペット保険ではペットにかかる
50%の費用を負担してくれると書いてありました。

保障プランは人間顔負け、交通事故保障や入院保障、手術保障さらに
ガン保障までありました!

ペットはガンにかかるんですね。初めて知りました!

気になるところがペット保険に月額かかるお金ですが、1560円〜と
ペットにかける保険料としては高い?

まあ、家族の一員にかけるペット保険のお金としては高くはないんでしょうけど。

posted by かなたくん at 00:15| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

新型インフルエンザ対策 ワクチン接種は職業別に優先順位ができます!

新型インフルエンザ対策に効果が期待される
ワクチンのプレ・パンデミックの接種について今年度中に
職業別に優先順位がつけられるそうです。

新型インフルエンザ対策として使われるワクチンのプレ パンデミックを
優先的に接種できるのは感染症指定医療機関や検疫官といった
感染リスクの高い医療従事者のほか、海外の往来が多い航空会社の
搭乗員、船員など計14職種、推定100万〜200万人を
最優先で接種させるようです。

まあ、ぼくら一般庶民は新型インフルエンザ対策は
一番最後というわけですね。
もちろん新型インフルエンザなんか流行らなくていいですけど
もうすでに、海外では死亡も多数確認されていますし
軽視はできませんよね。

国には新型インフルエンザ対策の早めの処置をお願いしたいものです。


新型インフルエンザ(しんがたいんふるえんざ)とは
通常ならヒトに感染しないトリインフルエンザウイルスが
変異することで、ヒトに感染するようになった
インフルエンザである。

新型インフルエンザは30〜50年おきに発生している。
今までで最大のものは1918年から1919年のスペイン・インフルエンザで、
世界中で4000万〜一億人の犠牲者が出ている。

1997年以降、トリからヒトへの感染の報告が相次いでおり、
近い将来、パンデミック(世界的大流行)が起きると予測されている。




posted by かなたくん at 12:36| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。