2013年09月17日

敏感肌を改善するためには、お風呂への入り方によってかなり症状が緩和されます!

敏感肌とは、皮脂や汗が十分に肌から分泌されなくなり、肌が水分を保てなくなったことから起こる現象で、肌の老化現象ともいえるものです。悪化すると角質層がめくれてしまい、粉を吹いたり、眠れないくらいかゆみを生じることもあります。


 >>ビックリすほど泡が細かい石鹸どろあわわを確認する! <<



敏感肌を改善するためには、お風呂への入り方によってかなり症状が緩和されてくることになります。


たとえば、皮脂の分泌が減る傾向のある20代以降の人が普通の石鹸を使って肌をこすっているとますます皮脂を減らしてしまいます。


弱酸性のものなど、刺激の少ないマイルドな石鹸を選ぶようにするといいでしょう。
そして身体を洗う際にはスポンジなどで押し付けるのではなく、石鹸をよく泡立てて手の平でやさしく、円を描くように洗うといいでしょう。


熱過ぎるお湯は皮脂を溶かし、肌の乾燥を加速させてしまいますので、お風呂の温度は38度くらいにするといいでしょう。保湿効果のある入浴剤を入れるのも効果的です。


お風呂から上がったあとは皮膚が成分を吸収しやすくなってきていますので、お風呂から上がったら入浴剤や乳液をたっぷりと塗りつけるようにしましょう。腕に塗りこむ際には手首から、脚に塗りこむ際は足首から上に向かって円を描くように塗っていきます。


 >>ビックリすほど泡が細かい石鹸どろあわわを確認する! <<




posted by かなたくん at 22:29| 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。