2013年09月13日

夏のお疲れ肌にはやさしく潤す化粧水やクリームがおすすめです

夏のお疲れ肌にはやさしく潤す化粧水やクリームがおすすめです。

夏は日焼けが気になって、ついつい美白ものを使いたくなりますが、美白化粧品の中には刺激が強いものも多く見られます。

美白よりも保湿重視のケアをしっかりと行い、肌が元気を取り戻したら美白ケアなどのスペシャルケアに移るのがいいでしょう。



また、夏は顔にも大量の汗をかき、その汗の塩分が肌への刺激となっています。

汗をかくなというのは無理ですが、汗をかいたらすぐにハンカチやタオルで拭ったり、

顔が洗える状況ならば、ささっと軽くお水で流してあげるといいですね。

顔を洗った際はその後にきちんと保湿してください。

顔の汗をほうっておくと、あせもやぶつぶつができたり、赤く炎症を起こしてしまいます。

顔にもあせもってできるんです。

昔、真夏の暑い倉庫の中で一日中作業をしたら、次の日に顔にいっぱいあせもが出来ていました。



夏のお肌を保湿する化粧水はノンアルコールなどの低刺激を謳ったものがいいでしょう。

化粧水のつけすぎも、肌の上の新しい角質細胞をふやかして落としてしまうこともあるので、メーカーが推奨する量を守って、手のひらでじんわりやさしくつけてあげます。

夏のケア次第で、秋以降のお肌の調子は変わってくるので、きちんとしたケアをしたいですね。


posted by かなたくん at 22:07| 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。