2009年04月29日

リフォーム減税とは:バリアフリー改修工事も減税対象に

リフォーム減税

日本では老後や介護のための住宅バリアフリー化が遅れています。
ローンにより既存のバリアフリー改修促進税制と併せて、活用したものです。また、省エネ改修工事は日々の光熱費の節約に役立ちます。


居住用の家屋で断熱効果を高める『省エネルギー改修』や
住居内の段差を無くす『バリアフリー改修』を行った場合も
工事費用の一部が減税対象になります。


いずれも対象は2009年4月から2010年末の間に居住開始した場合で、
工事費用の10%相当額が所得税額から1年間控除されます。


工事費用は最低30万円超で上限は200万円まで省エネ改修で太陽光発電装置を設置した場合は、工事費の上限が300万円となります。


工事の例としては、太陽光発電装置の設置や壁の断熱工事、天井や床の断熱工事、居室すべての窓の改修工事など・・


バリアフリー改修工事の条件
●適用対象者
@50歳以上のもの
A要介護、要支援の設定を受けているもの
B障害者

●対象となるバリアフリー工事
@廊下の拡張
A階段の勾配の緩和
B浴室の改良
C便所改良
D手すりの設置
E屋内の段差の解消
F出入り口の戸の改良
G床表面の滑り止め化





posted by かなたくん at 01:30| 不況だからお得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。