2009年04月28日

出産育児一時金の引き上げ:少子化対策になるのか?

出産育児一時金引き上げ

新しく始まった産科医療制度に加入している病院で出産すると
公的医療保険から支給される出産育児一時金が
今年(2009年)1月から3万円増えて38万円になったのは、
みなさんの記憶に新しいと思います。


ですが、まだまだ出産費用をまかないきれていないのが現状ですよね。
私が出産するときは時間外もあって総額50万円しました。
ですが、今年の10月から2011年の3月まで出産育児一時金が4万円引き上げられ、
さらに妊婦が医療費を一時立て替えて払わないでいいようになりました。
直接、医療機関に振り込まれるようになるそうです。これで少しは少子化対策になればいいのにと思います。

個人的な意見なのですが、臍帯血を摂取できる産婦人科も増やして
臍帯血を提供した人に出産費用を割引するなどの処置があれば
もっと臍帯血を提供する人も増え、日本の再生医療に役立つだろうなと思います。



posted by かなたくん at 01:41| 不況だからお得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。