2008年10月03日

『リポミセス』からバイオディーゼル燃料を生産し地球温暖化対策へ

おもしろい新聞記事を読んだので紹介します。

地球温暖化対策が進む中、クリーンエネルギーの研究が進んでいるそうです。

たぶん、みなさんもご存知のとうもろこしやさとうきびからできる
バイオエタノールなんかもその1種です。

しかし、最近とうもろこしやさとうきびの値段が高騰してきたことで
バイオエタノール生産に問題がでてきたそうです。

そこで、リポミセスという土から取れる酵母に木材から摂取した糖(キシロース)を
使用するとバイオディーゼルに使用できる油脂が摂取できるとのこと。

この、バイオディーゼルの研究が進めば土から取れる酵母に
糖を混ぜるだけで、バイオディーゼルができるという画期的な
ことになるのです。




posted by かなたくん at 23:39| 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。